キャッシング

カードローンの申し込み

急に給料が下がっちゃってもうどうしようもない。家賃が高いから引っ越そうと思っても、引越し代やら敷金礼金とか考えたら無理だし・・・どうしようかなぁって思ってたんです。そんな時に友達にカードローンでお金を借りてさっさと引っ越してしまえばいいのにって言われました。でもカードローンで借金してまで引越しをするの?って思ったんだけど、でもこのまま、この高い家賃の家に住み続けるのは無理があると思ったんです。少しは貯金があったし、それにちょっと足すくらいのお金を借りるならいいのかもしれないって思いました。ということでカードローンを申し込んだんです。カードローンの申し込みってインターネットでできるんですね。アナログ人間の私にはちょっとびっくりでした。今時はクレジットカードだって銀行口座だってインターネットで申し込めるんですね、初めて知りました。入力画面に従って必要事項を入力して送信ボタンを押すだけでOK。とても簡単でした。しばらくすると仮審査通貨の連絡がありました。結構早かったですよ。それもびっくりしました。その後本審査も通過してカードローンの契約が完了しました。そのお金で引越しができたのでとても助かりました。今は少しずつ返済をしています。

キャッシング機能付き

クレジットカードがたくさんありすぎるので整理をしようと思ってたんです。
とくにキャッシング機能付きのクレジットカードはキャッシングを利用する予定はないし、今までも利用したことがないので解約しようかなと思ってたんです。
そんな話を友人にすると、ちょっとまった!がかかりました。
彼曰く、クレジットカードは年会費無料のものであれば、持っていても何のデメリットもないし、ましてやキャッシング機能付きのクレジットカードを持っていたからと言って、誰に咎められるものでもない、しかも万が一リストラにあったり、転職したりしてクレジットカードが今後作れなくなる可能性もある、というのです。
その時のためにもクレジットカードは解約しないほうがいいよと言われました。
それどころかキャッシング機能付きのクレジットカードのキャッシング枠の増額ができるのであればしておいたほうがいいというのです。やっぱり今日中にいくらかお金を借りたいときもあるんです。
なるほど、と思いましたね。というのもその友人は会社をやめて独立をしたんです。
賢い彼は会社を辞める前にありったけのクレジットカードを作っておいて、キャッシング枠もめいっぱい増額しておいたそうです。
案の定仕事が軌道に乗るまではクレジットカードの新規契約も断れてたそうです。今は軌道に乗っているので住宅ローンの審査も通ったそうです