矯正

歯医者へ子供が矯正に通っているのですが、なかなか良い感じとのこと!

今はとりあえず前期で、生え変わるのを待って様子を見ている段階です。

まだ後数本、乳歯が残ってるとの事。

まだ奥歯のほうが抜けてないみたい。

これでうまく生え変われば、もうしなくても良いかもねー!とうれしい感じです☆

今は様子見なんで、4ヶ月に1回で良いし、通うのも楽になってます♪

順調に行くと良いなー!

カードローンの申し込み

急に給料が下がっちゃってもうどうしようもない。家賃が高いから引っ越そうと思っても、引越し代やら敷金礼金とか考えたら無理だし・・・どうしようかなぁって思ってたんです。そんな時に友達にカードローンでお金を借りてさっさと引っ越してしまえばいいのにって言われました。でもカードローンで借金してまで引越しをするの?って思ったんだけど、でもこのまま、この高い家賃の家に住み続けるのは無理があると思ったんです。少しは貯金があったし、それにちょっと足すくらいのお金を借りるならいいのかもしれないって思いました。ということでカードローンを申し込んだんです。カードローンの申し込みってインターネットでできるんですね。アナログ人間の私にはちょっとびっくりでした。今時はクレジットカードだって銀行口座だってインターネットで申し込めるんですね、初めて知りました。入力画面に従って必要事項を入力して送信ボタンを押すだけでOK。とても簡単でした。しばらくすると仮審査通貨の連絡がありました。結構早かったですよ。それもびっくりしました。その後本審査も通過してカードローンの契約が完了しました。そのお金で引越しができたのでとても助かりました。今は少しずつ返済をしています。

キャッシング機能付き

クレジットカードがたくさんありすぎるので整理をしようと思ってたんです。
とくにキャッシング機能付きのクレジットカードはキャッシングを利用する予定はないし、今までも利用したことがないので解約しようかなと思ってたんです。
そんな話を友人にすると、ちょっとまった!がかかりました。
彼曰く、クレジットカードは年会費無料のものであれば、持っていても何のデメリットもないし、ましてやキャッシング機能付きのクレジットカードを持っていたからと言って、誰に咎められるものでもない、しかも万が一リストラにあったり、転職したりしてクレジットカードが今後作れなくなる可能性もある、というのです。
その時のためにもクレジットカードは解約しないほうがいいよと言われました。
それどころかキャッシング機能付きのクレジットカードのキャッシング枠の増額ができるのであればしておいたほうがいいというのです。やっぱり今日中にいくらかお金を借りたいときもあるんです。
なるほど、と思いましたね。というのもその友人は会社をやめて独立をしたんです。
賢い彼は会社を辞める前にありったけのクレジットカードを作っておいて、キャッシング枠もめいっぱい増額しておいたそうです。
案の定仕事が軌道に乗るまではクレジットカードの新規契約も断れてたそうです。今は軌道に乗っているので住宅ローンの審査も通ったそうです

クレジットカードは2枚

2枚のクレジットカードを使い分けしています。1枚は銀行系のAカードです。もう1枚は流通系のBカードです。

Aカードは約40年前から利用しています。その間にカードの名前も何回か変わりました。よく変わった時がありうんざりしたことがありましたか、我慢して使って今日に至っています。なぜ我慢したかというと、大学の校友会のカードになっているからです。カードを使って手数料が発生するたびに、そのごく一部が母校へ還元される仕組みになっているからです。普段寄付する機会がないので、せめてクレジットカードを使って母校に貢献できたらいいなと思って使用しています。  

Bカードは大手流通系のカードです。スーパーへ買い物に行ったときに使います。小銭を出す面倒くささもいりませんし、ときどきポイント2倍デーに出くわすこともあります。このカードのお付き合いも長いです。40年くらいになると思います。10年くらい前までは限られた範囲でしか使えませんでしたが、今では世界中で使えるのでとても便利なカードになりました。   

クレジットカードは2枚持つべきでしょう。1枚が何かの都合で使えなくなることがあるからです。予備のBカードは年会費が不要ですので助かります。これからも2枚のカードをうまく使い分けていきたいと思います。

まとまったお金がかかってしまう生活費を

私はクレジットカードを活用して、公共料金や毎月のインターネット接続にかかるプロパイダ料金などを支払うことにしています。
携帯電話の費用やガソリン代など、毎月ある程度まとまったお金がかかってしまう生活費をクレジットカードで支払いするだけでも節約につなげることが出来ます。
クレジットカードは現金で直接お支払いをすることと比べて、ポイント還元を受けられることが最大のメリットです。
使った金額が多ければ、同じクレジットカード会社のカードでもステータスが良いプラチナカードやゴールドカードの審査に受かりやすくなったりします。
クレジットカードで私はジムの会費や衛生放送にかかるお金やプロパイダ料金などいろいろな固定費を払っていますが、その分ポイント還元を受けられるので、本当に得をしているなと思います。
クレジットカードは自分の口座から毎月月末にお引き落としされるので、特に口座振替と比べてかかる手間や手段なども一切変わりがありません。
普段のスーパーマーケットやコンビニでの支払いもクレジットカードでまかなうようにすると、ポイントを貯められるので非常にお得です。
最近はサインレスで済むコンビニや飲食店もあるので、クレジットカードの支払は非常にスマートで便利です。

クレジットカードの締め日近辺で

クレジットカードの締め日近辺でクレジットカードの買い物をすると、請求が当月に来るのか?来月になるのか?とてもハラハラしています。クレジットカードを利用するときは、もちろんお金に余裕があるから利用するのですが、できることならば請求は遅れてきたほうが助かります。なぜならば、あまりにも早く請求がきてしまうと、これまでに利用しているクレジットカードの金額と合わせてかなりの額を請求されるおそれがあるからです。

さすがに、引き落とし不可能というレベルにはなりませんんが、それでもあまりに早めに引き落とされてしまうと、他の支払いのための現金が少なくなってしまうので、少しでも1回の支払いは控えめなほうが、クレジットカードの利用者としては嬉しいのです。他の人がこのことを聞けば「そんなにハラハラするならば、無理してクレジットで買うなよ」と言われてしまいそうですが、それはまさにその通りです。ただ、どうしても買いたい物があったとき、払える見込みさえあれば私はクレジットカードを使います。むしろ、そのためのクレジットカードだと言っても良いでしょう。

多少無理して使っている感があるかもしれませんが、クレジットカードとはそういうものだと私は思っています。クレジットカードは非常に使い勝手が良いので大変気に入りました。これから先も長く使用を続けたいと考えています。

クレジットカードは現金を持っていなくても

クレジットカードは現金を持っていなくてもそれ一枚簡単に買い物などができる便利なアイテムというのはよくご存知ですよね。そして、クレジットカードには多くの種類があり、ポイントサービスなどお得に利用できるサービスが付随しています。
さらに最近ではクレジットカードにさまざまな付帯機能が登場しているのを知っていますか?
名前は聞いた事があってもよくわからなかったり実際に利用したことがないサービスがあったりします。
どのような付帯機能があるのかみてみましょう。
まずはじめにオサイフケータイという言葉は聞いた事があると思います。最近の携帯電話には当たり前のように付いている機能ですね。とても便利な機能なので詳しくご説明します。
つぎに電子マネーEdyとSmartPlus。これらも携帯電話との関係が深い機能です。電子マネーというと不思議な感じがしますがどのような機能なのか見てみましょう。
そしてsuicaとPASMO。これは公共の交通機関を普段からご利用の人にはなじみがある機能ではないでしょうか?同じような機能のようですがどのような機能かをご紹介したいと思います。すでにご利用の人でもその付帯機能を詳しく知ることでもっとお得に利用できる情報があるかもしれませんよ。
これらの機能はクレジットカードに深くかかわり合いがあります。決済方法にクレジットカードを利用していたり、機能としてカードに付随していたりします。それらの機能をしっかり理解すればもっと快適なカードライフになるに違いありません。現在、クレジットカードスピード発行可能ですから、自分のライフスタイルに最適なカードを選んで持つことが第一歩ですね。

クレジットカードと返済方法

クレジットカードは返済方法を自分の都合に合わせて替えることができ、リボルビング払いにするか一括返済か、都合のいい方法での返済ができます。
クレジットカードでのリボルビング払いは、一定の金額を上限とした支払いをすることが可能です。
手元にお金がなくても高い買い物ができることがクレジットカードのいいところです。
数回に分けて返済することで、無理のない支払いができるようになります。
利息が増えることは、リボ払いでは注意したいところです。
リボルビング払いを利用すると月々の支払いを一定額に保つことができますので、毎月の出費を把握しやすいという点から見ると使いやすい返済方式です。
使うクレジットカードによっては、かなり高い利率での利息がついています。
クレジットカードによっては利息が多い分、なかなか元金が減りません。
結果的には支払い金額が大きく増えてしまう返済方法でもあるので、よく考えて利用することが大切です。
一度返済方法をリボルビング払いや分割払いにした場合、変更手続きが面倒になる場合もあるようです。
返済に余裕が出たので多めに返したいという時でも、高い手数料が発生してしまったという事例も少なからずあるようです。
ボーナス払いを併用した返済方法も選択できます。
クレジットカード会社によっては、返済方法に違いがある場合がありますので、返済方法を選ぶ時、選んだ方法の内容について事前に知っておきましょう。

クレジットカードは使いよう

クレジットカードは私にとってなくてはならない存在です。何故なら私は海外在住で、現地通貨が必要な際にキャッシュディスペンサーから引き出せるからです。返済はこちらから直接カード会社へ電話して繰り上げ返済すれば、利息も最小で済むので便利です。カードキャッシングと聞くと何となくマイナスイメージを持つ方もいるかと思いますが、そんなことはありません。クレジットカードは使いようです。またもちろんショッピングでも便利で、インターネット上での場合でも実店舗の場合でもクレジットカードが一枚あれば買いたいものがその場で好きなクレジットカードを即日発行入手できるのですから助かります。(※クレジットカード審査早いのはこちらです)海外では小さな買い物でもカードで買い物が出来るのでやはり便利です。現金を持ち歩くよりも安全ですし、かさばることもありません。最近は自動販売機でもカードが使え、更に割引までしているものもあります。それだけ普及しているということでしょう。ただこうなると、使ってばかりというわけにはいきません。きちんとお金の動きを管理しておかないと、請求書を見て後でびっくりすることになります。どこかのコマーシャルではありませんが、クレジットカードの利用は計画的にしなければなりません。月当たりの上限を決めるとか家計簿をつける等、日頃からマメに記録しておくといいかもしれません。